プレゼン資料を作るときの重要ポイント3点 【桃太郎で例えてみた】

当サイトではアフィリエイト広告を利用しています 豆知識

プレゼン資料を作るときの重要ポイント3点 【桃太郎で例えてみた】

仕事柄プレゼンテーション資料を作ることが非常に多く、この10年間のノウハウの一部を共有したいと思います。
例えとして日本人ならば、誰でも知っている桃太郎(参考リンク)を使います。

3つのポイントは下記です。

  • すぐに作り始められる状態か?
  • 3Sで作れているか
  • 聞き手をよく知っているか

プレゼン資料を作るときの第一のポイント:すぐに作り始められる状態か?

デスクに座り、パソコンの前でうーんとうなって、早数時間経っても、資料作成がまったく進まないということはないでしょうか。
それは、資料作成のInputが足りていないことを疑うべきです。

例えば、桃太郎のお供が誰か分からない状態では、桃太郎のお話をまとめられるでしょうか。
・確か猿がいたから、カニだっけ?
・亀と一緒に行くんだっけ?
・ロバ、イヌ、ネコ、ニワトリ?
このような状態ではとても資料を作り始められません。
資料を作るための材料が足りていないという頭に切り替え、目の前の資料作成から離れる情報収集を行うべきです。

プレゼン資料を作るときの第二のポイント:3Sを意識する

①Simple
②Story
③Surprise
の3つです。

Simple

できるだけシンプルにすることです。
会社において何か報告をする際、聞き手より話し手(あなた)の方が必ず報告内容については詳しいはずです。そうすると、ついつい多くの情報の記載や説明をしたくなりますが、それは聞き手の混乱を招きます。
極力情報を絞るべきでしょう。

例えば、桃太郎の入っていた桃は、あかつきという品種で、7月下旬に旬を迎えるものです。お供のキジは、メスが子育てをし、一夫多妻状態になることもあります。
このような情報が入ってきた時に、聞き手は混乱しないでしょうか。
相手に本当に伝えたい/わかってほしいことは何か見極めて、それ以外の情報は極力抑えましょう。

Story

報告資料には流れが大事です。今日の本題はなにか?それを報告するに至った背景はなにか?今の問題は何があって、それをどう解決したいのか?
物語のように伝えることが大事です。そして、前後のスライドやページでつながりが明確な方がわかりやすいです。
さらにポイントは①のsimpleという要素を忘れないことで、1スライド1メッセージを心がけましょう。

例えば、桃太郎が生まれて、大きくなって気分で鬼退治に向かう、となった場合です。
聞き手はなぜ鬼退治に向かうことになった背景が気になってしまいます。
「鬼が時々村に来て悪いことをする」のを聞いたことをきっかけに鬼退治に向かうのです。

Surprise

プレゼンを効果的にするためには、聞き手を惹きつける要素が必要です。
聞き手にとって、下記にあたる情報があるといいでしょう
・目新しい情報
・予想していない情報
・欲しい情報

例えば、桃太郎が普通に武士の家生まれで、同僚と悪さをする鬼を退治しに行く話だったら、
この桃太郎という話はここまで有名になっていないでしょう。
桃から男の子が生まれる、というのが読者を惹きつける要素となっています。

プレゼン資料を作るときの第三のポイント:聞き手をよく知っているか

聞き手のことを理解しましょう
どういう立場の人なのか、何に困っているのか、どのくらいの知識があるのか
綺麗に喋ることがゴールではなく聞き手が理解することがゴールです

わたしが3歳の娘に桃太郎の話をするならば桃太郎の”童謡”を歌います
むかしむかしあるところに、と始めたところで聞いてもらえないか、「むかしってなーに?」となり、話は進まないでしょう

プレゼン資料を作るときの重要ポイント3点のまとめ

プレゼンテーションの重要ポイントを、まとめました。
10年働いている自分の経験から感じていることです。

リケイパパ
リケイパパ

これらを意識するとプレゼン資料がよくなると思います

レバテックキャリア

ブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
  • この記事を書いた人

リケイパパ

理系出身でITエンジニアとして10年以上働く二児のパパです 育児や趣味の旅行の話、豆知識などを思うがままに書いています

-豆知識
-