大企業あるある

当サイトではアフィリエイト広告を利用しています 豆知識

大企業あるある まとめ 【10年働いて感じたこと】

大企業に勤めて10年以上が経ちました。
これまでの自分の経験を踏まえて、大企業の特徴(あるある)を整理したいと思います。

こんな方におすすめ

  • 大企業への就職や転職を考えている方
  • 大企業について興味がある方

unistyle は就活生へのサービス/商品です。
・就活生の約5人に1人が登録
・大手企業の最新の締切情報を公開
・登録無料!登録への所要時間は1分!
・openchat登録者数123万人!
・大手企業の選考通過ESが7万件以上

大企業とは

「大企業」という言葉はよく聞くものの、明確な定義はありません。
一般的なイメージとしては下記だと思いますので、この記事上もその位置付けとします。

  • みんなが知っている企業
  • 多額の資本金がある
  • 多くの従業員がいる (厚生労働省は1000人以上を大企業としています)

中小企業というのは、中小企業基本法で決まっているので、仮にその企業以外を大企業とすると、会社数ベースでは日本の会社の0.3%程度になります。
従業員数でいうと全体の30%になるそうです。

大企業の特徴1:自部署以外のことをよく知らない

人数や組織が多いことによって、部署や部門事に独自の文化やルールがあります。
各部署の役割というのがしっかり決まっていることが多いです。
責任範囲が明確な業務の場合は、素直にお願いできますが、グレーゾーンの業務はお互いに押し付け合いになることもしばしばです。
他の部署がなにをやっているのか細かいことはわからないです。

「サイロな組織」と言ったりします。

規模が大きいため、会社全体としてのメリットを考える人よりも、自分の部門や部署にとってのメリットを考えてしまう人が多いです。

また、ある程度決まった仕事をしていくことになるため、スキルアップという観点では難しいこともあるかもしれません。
要はその企業の特定の仕事しかしないため、その能力はあっても、他の企業では役に立たないという可能性が出てきてしまいます。

大企業の特徴2:業務上の投資金額の規模が桁違い

プロジェクトの投資で自分の関係する金額規模でも億を簡単に越えます。
なん百万円レベルならば、使用に対して、ほとんど臆することなく使うようになっていきます。
また、関係者も社内外問わず多くなりますので、多くの人と携わることができるという側面では、やりがいがある仕事になると思います。

大企業の特徴3:物事が進むのに時間が掛かります

物事を進めるにおいて、関係者の多さと、やり方が定義されていることにより、何かを決めるのに非常に時間が掛かります。
課長に承認をもらい、次長に承認をもらい、部長に承認をもらって、ようやく先に進めるような感じです。
システム開発プロジェクトの場合、プロジェクトに関する承認と、投資に関する承認者が異なり、両方の承認を得ないといけないということも多くあります。

リケイパパ
リケイパパ

特徴1とも関係しますが、承認のステップも細かく決められています

ひたすらに承認のための資料作成や情報収集をする日々が続くこともざらにあります。

大企業の特徴4:社会において信頼性を保つための制約が強い

多くの方が知っているということもあり、原則的に社会において信頼性は高いです。
それを裏切ってしまうと、大変なことになります。
近年も大きな会社が不祥事で大変な損害を受けていること、多いですよね。(2023年の年末にもありました)
会社としては、そこは非常に気にしており、そういう違反をするための決まりや運用がたくさんあります。

例えば、身近なことで例えますと、外出するときに家の鍵を掛け忘れてしまうことあると思います。
未錠で出かけることを防ぐために、下記のような決まりがあるようなイメージです。

  • 鍵を掛け忘れて出かけるといかにマズいか、を勉強するための教育がある
  • 出かける時に、掛け忘れてないことを確認するためのチェックリストがある (必ずドアが閉まっているかがちゃがちゃしてみる、等)
  • 第三者がかけ忘れてないか、チェックする仕事がある

やりすぎな感じもするかもしれませんが、鍵をし忘れてドロボウに入られる損害を考えると、沢山手をうちましょうとなる感じです。
ただ、これも増えすぎて、かなり大変だったりします。

リケイパパ
リケイパパ

システム対応としては、オートロックですよね。そのように対応策をうつ場合もあります

余談ですが、その信頼性が従業員としての良い点は下記です。
家のローンや車のローンは比較的組みやすいと言えるでしょう。
昇給も安定してありますが、バリバリ働いて、周りの人より沢山の稼ぎを得たい、早く稼げるようになりたいみたいな人には向かないです。

大企業の特徴5:ボーナスがしっかり出ます

ボーナスがしっかり出ます。
従業員500人以上の企業の2023年夏のボーナスの平均は約90万円だそうです。
賃金自体の改善も見られやすいです。
これは大企業が賃上げをしないと、中小企業がついてこれないというのと、政府から大企業へは直接賃上げのリクエストがあるためだと思います。

昨今の物価上昇に伴って、賃上げを決めているのも、やはり大企業が主になっていますね。

合わせて読みたい
1000万円プレーヤーの必要なスキル5選
1000万円プレーヤーの必要なスキル5選

日本の社会において、ひとつの閾値となりがちな年収1000万円。そこに到達するのに、どのようやスキルが必要かをまとめます。5つのポイントがあると考えます。 あるべき姿を導くことができるか 行動力:チャレ ...

続きを見る

その他の特徴

その他で特徴的だと思う点を簡潔にまとめます。

  • 福利厚生の充実:福利厚生は非常に充実しています。時短勤務、育児休職、年休、健康診断の割合、関係企業施設の利用料割引など
  • 同期の多さ:同期は非常に多く、数百人になることもあります。顔も知らない同期も多く、横のつながりと言う意味では、中小企業と比較し弱いでしょう。
  • 社内結婚の多さ:社内結婚は多いです。人が多いという点が出会いの多さにも繋がっているのだと思います。

大企業あるあるのまとめ

大企業あるあるを、まとめました。
10年働いている自分の経験から感じていることです。

リケイパパ
リケイパパ

なんだかんだ大企業は安定しているよ

大企業合わないと思ったら、退職代行を使うのもいいでしょう。

合わせて読みたい
退職代行サービス一覧をまとめてみた
退職代行サービス一覧【13選】をまとめてみた

仕事をやっていて、始めて、転職して、辞めたいなと思うことありますよね。 とはいえ、日本人はそういうネガティブ(そうは思いませんが)なことを言うのが苦手な方が多いと思います。 最近は「退職代行サービス」 ...

続きを見る

ブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
  • この記事を書いた人

リケイパパ

理系出身でITエンジニアとして10年以上働く二児のパパです 育児や趣味の旅行の話、豆知識などを思うがままに書いています

-豆知識
-