Galaxy超急速充電

当サイトではアフィリエイト広告を利用しています 豆知識

Galaxyの超急速充電のやり方 【充電器】

GALAXY S21以降のGALAXYシリーズは最大45Wの「超急速充電」に対応しています。
選ぶ充電器にも条件があり、少し難しいです。
環境を整えるため、相当苦労したため超急速充電する方法をまとめます。

こんな方におすすめ

  • Galaxyのスマホを使っている方
  • 超急速充電をしたい方

超急速充電対応とは?

PPS規格

超急速充電を行うためにはどのような充電器が必要かという点ですが、「PPS(Programmable Power Supply)」という規格に対応した充電器が必要です。

一般的には急速充電規格「PD(Power Delivery)」ですが、Galaxyシリーズで超急速充電したい場合はPPS規格に対応していることが重要です。

超急速充電の種類

この超急速充電は、実は2つに分けられます。

  • 45W充電のSuper Fast Charging 2.0
  • 25W充電のSuper Fast Charging

Galaxyの超急速充電には前述の通りPPSに対応した充電器が必要ですが、出力については単純に25Wや45W以上あればいいという訳ではありません。

45W充電の場合5.00A、25W充電の場合2.75A以上の電流に対応した充電器が必要となります。

おすすめの充電器

絶対に平気なのがSamsung純正の充電器です。
5A対応のケーブルもついてきますので、価格は少し高いですが、これであれば間違いありません。

Ankerの下記の充電器も大丈夫です。
上の純正のものに比べると値段が抑えられますが、こちらはケーブルがつきません。

5A対応のケーブルは下記などがあります。

25W対応のもの

下記が25W対応です。
リケイパパは45Wの超急速充電を目指していながら、間違ってこれを買ってしまいました。

Amazonでの購入はこちら

※Amazonでの購入はこちら!

超急速充電の充電時間

残念ながら25Wの超急速充電しかできないですが、充電時間を測ってみました。
計測に用いたものはGalaxy S22です。
Wifiにつないだ状態で電池残量が10%でスタートしています。

ポイント

充電開始から15分で40% (30%分の充電)

充電開始から30分で63% (+23%分の充電)

30分で10%から63%まで充電されるというは、かなり早いですね。
朝起きて、スマホが充電されていない!となっても問題なさそうです。

45Wの超急速充電対応だとさらに早くなりそうです。
ただ、バッテリーに負荷をかけないように充電するため、25Wでの充電に比べ2倍近く(45 / 25 = 1.8)に早くなる訳ではなさそうです。

45Wの超急速充電の環境を整えるのはお金もかかるため、25Wで十分そうという方はそれでも良いかもしれません。

リケイパパ
リケイパパ

これだけはやく充電されると大助かりですね

Galaxy側の設定

超急速充電を行うにはGALAXY側の設定も必要です。デフォルト状態では超急速充電がONになっていますが、超急速充電ができない場合は確認してみて下さい。

「設定」→「バッテリーとデバイスケア」→「バッテリー」→「その他のバッテリー設定」→そこで超急速充電をONにしておきましょう。

Galaxyの超急速充電まとめ

Galaxyシリーズの超急速充電は、PPS出力対応充電器が必要です。
45Wの超急速充電はさらにできるものが絞られます。

25W充電でも30分で1日過ごせるくらいまで充電されます。
ぜひ、超急速充電の世界を味わってみてください!

ブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
  • この記事を書いた人

リケイパパ

理系出身でITエンジニアとして10年以上働く二児のパパです 育児や趣味の旅行の話、豆知識などを思うがままに書いています

-豆知識