車のシートに落とし物

当サイトではアフィリエイト広告を利用しています 豆知識

車のシートの下に物を落とした時の対処法

先日、車のセンターコンソールと運転席と助手席の間にアクセサリを落としました。

下記の赤枠の部分です。(画像はお借りしています)

そして、運転席と助手席の間、それぞれに落としました。

車のシートの下に物を落とした

こんな方におすすめ

  • 車のセンターコンソールと座席の間に、物を落としてしまった人

なぜ落としてしまったか

妻が運転をしており、イヤーカフが一つなにかの拍子に外れ運転席とセンターコンソールの間に落ちました。

もう一つ付けていたため、それを落とさないように私に預けました。

私は、左手に預かったイヤーカフを持ちながら、右手で運転席とセンターコンソールの間の僅かながら見えているイヤーカフを拾い上げようと挑戦したところ、そちらを更に押し込み、さらには左手に持っているものを助手席とセンターコンソールの間に落としました。

リケイパパ
リケイパパ

妻に怒られたのは言うまでもありません

最初のアプローチ

車を停めたあとで、運転席も助手席もずらせる限り前後にずらして、シートの下を探してみました。

残念ながら見つかりませんでした。

最終的な解決策

自分で見つけることはあきらめ、後日ディーラーに行きました。


無くした場所を説明し、探してもらうことに。

運転席側に落としたものは、「シート稼働用のレールの上」にあり、すぐに見つかりました。

結構あるあるのようです。

「シート稼働用のレールの上」というのは下記の赤枠のような部分です。

シート稼働用のレールの上 車のシートの下に物を落とした



しかし、私の落とした助手席の方のイヤーカフは同じような場所に落としたのですが、見つかりませんでした。

工賃も5千円程度かかるが探すか聞かれて、お願いすることに。


助手席のシートを外し、カバーも外して探してもらいましたが、見つかりませんでした。

運転席側も親切にも探してくれたのですが、それでも見つかりませんでした。

いったい、どこにいってしまったんでしょう。

最終的な工賃は、運転席側もおまけで外して探してくれたにもかかわらず、税込3300円でした。

作業自体は1時間程度でした。

合わせて読みたい
退職代行サービス一覧をまとめてみた【15選】
退職代行サービス一覧をまとめてみた 【キャリア相談もあり】

仕事を始めて、していて、転職してみて、辞めたいなと思うことありますよね。 とはいえ、日本人はネガティブなことを言うことが苦手な方が多いと思います。 最近「退職代行サービス」というのがあると知ったので、 ...

続きを見る

車のシートの下に物を落とした時の対処法まとめ

車での座席(シート)の下に物を落とした時の対処法についてまとめました。

素人が見るとしたら、マットの下か、見落としがちな「シート稼働用のレールの上」を探すところまではやれることかもしれません。

それ以上本格的に探すと、数千円の工賃がかかりますので、落としたものがどれほど大事かの判断になると思います。

ココがポイント

  • マットの下と「シート稼働用のレールの上」を探しましょう
  • 見つからな買った場合、大事なものであればディーラーに行きましょう
  • ディーラーでの工賃は数千円程度です

また落ちることがあったら、下記を買って防ぎたいと思います。

シートの隙間のブロック

Amazonでの購入はこちら

※タイムセール実施中

Qoo10のご紹介です。

Qoo10やAmazonや楽天みたいなショッピングサイトです!

Qoo10のメガ割は6月1日(土)~6月12日(水)まで!
メガ割中の毎日の0時からのタイムセールは見逃し注意♪

20%メガ割クーポンを最大9枚利用できる!
第1弾クーポン配布:2024年5月29日(水)~2024年6月4日(火)
第2弾クーポン配布:2024年6月5日(水)~2024年6月8日(土)
第3弾クーポン配布:2024年6月9日(日)~2024年6月12日(水)

お金の健康診断

ブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
  • この記事を書いた人

リケイパパ

理系出身でITエンジニアとして10年以上働く二児のパパです 育児や趣味の旅行の話、豆知識などを思うがままに書いています

-豆知識