出雲そば

当サイトではアフィリエイト広告を利用しています 旅行

中国地方一周 6泊7日の旅 【モデルコース】

夫婦二人で中国地方を一周する計画を立てて、実行したことあるため、その旅路を書きます。

こんな方におすすめ

  • 中国地方一周旅行を考えている方
  • 中国地方のおすすめの観光スポットを知りたい方
  • おすすめのホテルを知りたい方

注意ポイント

ただ、2017年と6年ほど前のことになります。
いまとは色々状況が異なるかもしれないですが、ご容赦ください。

はじめに

岡山空港に9時過ぎには到着し、レンタカーを借り、10時前には松山空港を出発というのがスタートです。
季節は春で、夫婦ともに運転ができる前提ではないと体力的に厳しいコースだと思います。
総移動距離は750kmくらいです。

中国地方一周

1日目:岡山県内観光をして、倉敷市へ

岡山城は空港からは30分程度到着できます。
カラフルなお城で昔ながらのお城というイメージからは程遠かったですが、楽しい場所でした。
どうやら「令和の大改修」を経て、より近代的になったようです。

後楽園も散策には良いと思います。

王子ヶ竹を観光し、鷲羽山ハイランドに行くのがおすすめです。
王子ヶ竹は非常に景色が良く瀬戸内海を一望できます。また猫の多いのんびりした場所です。

「鷲羽山ハイランド」はスカイサイクルが有名です。動物との触れ合いコーナーもあり癒されました。
最近では「すずめの戸締り」の舞台にもなっていましたので、聖地巡礼で行ってみてもいいかもしれません。

鷲羽山ハイランド

倉敷市に30分ほどで移動できます。倉敷の美観地区はこじんまりとしていますが、とても綺麗で雰囲気が良いです。カフェも多くあります。

宿泊は「天然温泉 阿智の湯 ドーミーイン倉敷」に泊まりました。
節約目的で22時チェックインコースにしたので、少し時間を潰すのが大変でした。

2日目:尾道と竹原

尾道へ移動しました。倉敷からは1時間ほどで移動できます。
尾道ラーメンを食べました。「つたふじ」というお店で食べましたが、美味しかったです。

店内は撮影禁止となっていました。

つたふじ


千光寺へのロープウェーに乗りました。
千光寺へは「文芸のこみち」を通っていきますが、名だたる作家の作品が岩に掘られていますので、ぜひ見てみてください。

竹原に移動し、宿泊しました。
宿泊したのは「グリーンスカイホテル竹原」でした。

3日目:熊野町と宮島、広島市へ

まずは、熊野町の筆の里工房へ。
当時はファイナルファンタジーのキャラクターデザイナーの天野 喜孝さんの作品展が催されていたので、いろいろなイベントが行われているのかもしれません。
イベントの有無に関わらず、熊野の筆は名産品ですので、観に行くことをおすすめします。

13時半に出て、宮島へ向かいました。
宮島口経由ではなく、マリーナホップから出ている船を使いました。宮島に行くのは15年ぶりくらいでした。

宮島は「あなごめし」が有名です。
厳島神社を横目に見て、「ふじたや」のあなごめしを食べに行きました。
ミシュラン1つ星です。


人気店で待ち時間が長かったため、名前を書いて厳島神社見学へ
1時間くらい経ってから戻ると、あと少しというとこまで来ていたので、待って入りました。
でも入ってからも30分以上ご飯がこなかったです。
あなごめしは非常に美味しかったです。

ふじたや あなごめし

宮島から戻ったのが17時半くらいでした。
広島城に行ってみたのですが、駐車場がなかったので諦めてホテルへ。

すぐにホテルを出て、お好み焼きを食べに行きました。
お好み村というお好み焼き屋さんがたくさん入った建物へ。「さらしな」というお店を選びました。
とても美味しかったです。ボリュームもあって満足でした。

この日は、「アーバイン広島エグゼクティブ」へ宿泊しました。

4日目:松江市へ

広島のホテルを7時に出て、いざ島根県へ。
2時間ほどかけて、琴ヶ浜へ向かいました。歩くとキュッキュッと琴の音のように鳴る、美しい微小貝を含んだ「鳴砂」の浜として知られています。
残念ながら当日は湿気が多く、キュッキュッと鳴らすことはできませんでした。

そのあと、仁摩サンドミュージアムへ。砂時計という少女漫画の舞台にもなった場所です。世界一大きい砂時計がありました。

そして、出雲大社へ。
まずは、腹ごしらえに出雲そばを食べに。
外でも並びましたし、お店の中に入ってからも中々蕎麦は来ませんでした。
4段重ねのやつを食べましたが、とても美味しかったです。卵がのっていて素晴らしかったです。

出雲大社は、絶対に外せないですね。

出雲そば

松江城へ行きました。古き良き感じがありました。

ホテルへ行って、宍道湖へ夕日を見に行きました。
沈む夕日は綺麗でした。

その後、行きたかった夜ご飯のお店は満席で、急遽ホテル近くの「やまおか」という磯料理のお店へ。
これがとてもあたりで、とくに「ひらまさ」という魚の塩焼きが絶品でした。

ドーミーインEXPRESS松江」にチェックインしました。

5日目:湯原温泉へ

松江のホテルを出て、水木しげるロードへと向かいました。
途中、江島大橋を経由しました。「ベタ踏み坂」と名付けられた坂で、写真が有名です。
走ってみるとそこまでではありませんが、記念になると思います。

水木しげるロードでは、鬼太郎のパンを買って食べたり、妖怪の石像と写真を撮ったりしました。

次にとっとり花回廊へ。
花がたくさん咲いていてとても綺麗でした。

おこわを食べに行って、大山周りの絶景スポットを周りました。

湯原温泉へ15時半頃着きました。
油屋」という千と千尋の舞台になっているという噂もされる旅館に泊まりました。

湯原温泉 元禄旅籠 油屋

高級旅館だけあって、接客も良かったです。
貸切風呂にも入りました。
所々にある足湯に入りつつ、温泉街を散策しました。とても小さな温泉街ですが、昔ながらの温泉街といった雰囲気がとても良かったです。
夜ご飯も美味しかったです。

6日目:鳥取砂丘

鳥取砂丘にいきました。
一面が砂で覆われているというのはすごい景色でした。

鳥取砂丘

泊まったホテルは、「くれたけイン岡山」でした。

7日目:岡山空港から帰路へ

岡山空港まで車で移動し、帰宅となります。

牛窓ヨットハーバーに寄ってみましたが、のどかで気持ちが良かったです。

東北地方を一周した時の記事はこちら。

合わせて読みたい
弘前城
東北地方一周 6泊7日の旅 【モデルコース】

夫婦二人で東北地方を一周する計画を立てて、実行したことあるため、その旅路を書きます。ただ、2018年と5年ほど前のことになります。そのため、最新情報ではないことご留意ください。 はじめに 10時前に国 ...

続きを見る

ブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
  • この記事を書いた人

リケイパパ

理系出身でITエンジニアとして10年以上働く二児のパパです 育児や趣味の旅行の話、豆知識などを思うがままに書いています

-旅行