「子ども、ほしくない」半数超

当サイトではアフィリエイト広告を利用しています 雑記

「子ども、ほしくない」半数超という記事を見て

「子ども、ほしくない」半数超、という下記の記事をみました。

ポイントは、18~29歳の未婚男女400人のうち「将来、子どもをほしくない」と回答した割合は55・2%に上ったというものでした。
男女別では、男性が59.0%で6割に迫り、女性は51.1%だったそうです。

自分の考えを述べる形でブログ記事を書いてみます。

リケイパパの考え

子どもを2人育てている立場からすると、気持ちもわかります。

今の子どもを失うことは絶対に考えられないですが、数年前に戻った時に子どもを欲しいかと言われると、迷うかもしれません。

不妊治療までして授かった立場でありながらです。
それくらい、子どもを育てるというのは大変だと感じます。

合わせて読みたい
男性不妊でつらかった話 【SMI / 検査 / 転院】

男性視点で男性不妊についてまとめていきます。かなり長めな記事になります。 はじめに:自身のことについて 第一子が生まれたのは2020年です。妊活を2016年の秋に始めましたので3年以上かかりました。男 ...

続きを見る

お金もかかりますが、なにより自分の時間が全然なくなるというのも大きいです。
これだけエンタメに溢れている時代に、ほとんどなにもできないですからね。

合わせて読みたい
子育てによって自分の時間がない 【育児の悩み】
子育てによって自分の時間がない 【育児の悩み】

共働きで3歳と1歳の子供を育てていると、自分の時間というものが消失してしまうお話です。みんな一緒なんだということで、安心?してもらえたら嬉しいです。 こんな方におすすめ 育児で自分の時間がないと思って ...

続きを見る

合わせて読みたい
仕事と育児の両立って難しい? 共働きだと更にしんどい?
仕事と育児の両立って難しい? 共働きだと更にしんどい?

以前、下記のような記事を書きました。 この記事を書いて4ヶ月が経ち、さらに厳しい状態になっています。 当時は愚痴を書きたいわけではない、と書いたものの、最近はそんな心の余裕がなくなってきました。基本情 ...

続きを見る

夫婦2人だったら、ぱっと遊びに行ったり、外食に行ったりできますが、そういう訳でにも行きません。

リケイパパ
リケイパパ

それでも子どもはとても可愛いです

出生数や結婚数の話

結婚数や出生数も減少しています。

過去1年に生まれた赤ちゃんの数は75万人だそうです。また、結婚数は49万組だそうです。

30年前の1993年頃の出生数は120万人くらいですから単純に6割に減っています。
1993年頃の結婚数は79万組くらいですから、そちらは6割2分に減っています。

ちなみに結婚しない理由は下記にいくつか書いてありました。
時間、お金、出会い、身の回りの環境と、なかなか改善しそうにないものです。

このペースだと30年後の出生数は45万人で、結婚数は30万組でしょうか。

もう少し悲観的な見方をしてみます。
日本の出生率は1.3です。
この1年で生まれた75万人がみんな結婚しても約38万組です。
そのうち半分は子どもがほしくないとすると19万組が子どもを産み、それに1.3かけても25万人にしかなりません。

30年後には1年に生まれる子どもの数は25万人になってしまいます。

「子ども、ほしくない」半数超という記事を見てのまとめ

記事を見た時はびっくりしましたが、色々な観点から考えても仕方のないことかもしれません。

子育ては確かにめちゃくちゃ大変ですね。

ただ、幸せなこともたくさんあります。

ブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
  • この記事を書いた人

リケイパパ

理系出身でITエンジニアとして10年以上働く二児のパパです 育児や趣味の旅行の話、豆知識などを思うがままに書いています

-雑記